2012年 4月 13日

3月の様子 パート1

カテゴリー 日々の出来事

3月もあっという間にすぎてしましました。

1年間の締めくくりの月、そして、それぞれの進級や、幼稚園入園に向け、
のいちごで良い思い出ができるよう楽しい企画が沢山の月でした。

とくに、昨年の4月からのいちごに通い始めて、今春幼稚園へ入園していく子たちは、
お友達関係、仲間意識もできていたので、寂しくはなりますが、それぞれ幼稚園でがんばろうという気持ちも大きく先生も子どもたちも複雑な気持ちの中、一緒に過ごしました。

のいちご保育室は、幼稚園への練習として来ている子、ママのお仕事で毎日来ている子、
たまに遊びに来る子と利用の仕方は様々ですが、みんな仲良くなり大家族のようにすごしています

近くのデイケアセンター(奉優会)さんに社会見学ということで交流させていただきました。
みんなで得意のマルマルモリモリのダンスを披露させてもらいました。
大きな声で挨拶をして、カードも渡すことができました。
子どもたちはおじいちゃん、おばあちゃんに会いに行くんだという意識をしっかりもち、練習も励み、
当日も楽しむことができ、貴重な体験になったことと思います。
協力頂いた、奉優会のみなさま本当にありがとうございました。
地域との繋がりを今後とも大切にさせていただきたいです。


3月のクッキングはたこやき作り。
本当にできるの??
と子どもたちも半神半疑でしたが、たこを切り、粉を混ぜて材料をそろえて、生地を流し込みます。
さあこのへんからみんな「みたことあるー」 「やりたいやりたい」と盛り上がり、たこやキャベツも入れ、ころがして反してみました。
とっても上手にできてみんなでアツアツをほおばりました。


こどもたちにとってお友達を作り、けんかや様々なことを共に体験して共感することから得ることは大変大きく、
またかけがえのないものであるということを、改めて感じた月でした。

パート2へ

コメント(0)

コメントを残す