2015年 2月 27日

1月の様子

カテゴリー 日々の出来事

寒い日が続いていますねでもインフルエンザもほとんどかかる子がおらず元気いっぱいののいちごの子どもたちです。

1月の様子をお伝えします。
恒例のお正月行事

今年も1年健康で幸せでありますように。

気持ちの良い 世田谷公園グランドでの凧揚げ


グランドの解放には毎年感謝です。

書初め



毎年 好きな言葉を書いていますが、その年によって人気の言葉が違ったり、前の年より筆を持つ手がしっかりしたりと楽しい発見や気づきがあります。
0歳で入園し2年連続コチョパン(チョコパン)と書いたMちゃんが今年はプリキュアと書いたのにはみんなでちょっとお姉ちゃんになったねと笑ってしまいました

そしてお餅つき

小さい子でもつけるようにこのスタイルがのいちごお餅つきです。

お米がどんどん変化していき、重たくなっていくのを体感できました。

おいしくできたかな?



こまを作りました。






冬の公園遊び



雪だるま作り



節分に向けて各クラス素敵な鬼のお面を作りました。
ももクラス(2歳児)


バナナクラス(3歳児)

変わった素材をはさみで切ることに挑戦。



英語のレッスン


午後の個別英語も好評です


さて、1月17日土曜日
のいちご保育室初の試み フリーマーケットが開催されました。
断捨離などよく耳にしますが、捨てる前にもう一度何かに有効活用できないかとふと思ったのがきっかけでした。
先生たち 保護者の方々に不要なものがないかを声掛け、また個人での出展者を募り準備を始めました。
ご厚意でたくさんの小さくて着れなくなってしまった服などを寄付してもらいました。
そこからが大変! チラシを作ったり看板を作ったり、慣れない作業に先生たちと奮闘しました。
頂いた服や玩具など値段をつけたり分担したり、思った以上の大変さになんでこんなことを始めたのかとくじけそうにもなりました。(笑)
でもいらなくなった服もお母さまとその子の思い出が詰まっていたり、子どもが自ら玩具にさよならして譲ってくれたり、捨てればそれでおしまいの物たちも思い出話やそれを通してみんながコミュニケーションをとることで息を吹き返していくようでした。
準備から当日まで色んな人からの暖かい言葉など頂き、また先生たちも一致団結して頑張ってくれまた普段とは違う発見があり勉強にもなりました。


2階はフードコーナーでした。


1階はフリースペース

当日は現のいちごのメンバーのみんなに加え、たくさんの人たちにお越し頂き本当にありがとうございました。
いらなくなった物を手間や時間をかけ、ほとんどただ同然で売るというこの壮大なスペクタクル(笑)
人の手から保育士の手を介してまた他の人のところにいき再びそのものが活躍する。
そのとっても無駄な時間と作業の中で多くの言葉と感情 気づきが生まれました。
そしてのいちごを支えて応援してくだる多くの方たちに改めて感謝する機会となり、この場を借りて改めてお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

今後とものいちご保育室をよろしくお願いします。

園長
清水 春香
















コメント(0)

コメントを残す