見学・体験詳しくはこちら≫

食育について

のいちご保育室では、食育に力を入れてまいります。
近年、食文化が進み、簡単にそしてリーズナブルに食事をすることができます。しかし、その豊かさと反面、アレルギーや偏食などの問題を抱えるお子さんも増えています。また、核家族において孤食といわれる状態も増え、家族団らんにて皆で会話や楽しい食事をする機会が減っているようです。
幼少期の食事が、後の成長や人格形成にも大きく影響を及ぼすと言われています。しかしながら、忙しく働くお母さんが全てを抱えることは難しいですね。

のいちご保育室では、皆で楽しく、おいしく食べることをモットーに、契約農家からの産直野菜など安全な食材を使い、昔ながらのシンプルな調理法での手作りにこだわり、本当の美味しさを幼少期から知ることで、食への興味を育てます。

日中の活動の一環として、給食作りの機会も多く設け、実際に自分で作る楽しみも学べます。おやつも野菜を使った体に優しくおいしいものばかりです。
アレルギー食のご相談も承ります。

手作り給食とおやつ

のいちご保育室の給食とおやつは、料理研究家でもある園長の手作りです。
愛情たっぷりのメニューで、心と体を健やかに育てます。

  【メニュー例】
手作り給食とおやつ (写真左上)玄米の栗ごはん、さんまハンバーグ、ひじきとクレソンのおやき、豆乳ポテトサラダ、豚汁
(写真右上)かぼちゃパン
(写真右下)米粉のスイートポテト

メールでのお問い合わせ ベネフィット・ワン

各種書類

プリントしてお使いください。